カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

日本VADコンソーシアム第4回研究集会 一般演題募集について

横浜シンポジアにて日本VADコンソーシアム第4回研究集会を開催し一般演題のポスター発表を募集いたします。

1.期日:2019年1月19日(土)9:00〜17:00
ポスター発表は18:00からの懇親会内にて発表予定となっております

2.場所:横浜シンポジア
神奈川県横浜市中区山下町2番地 産業貿易センタービル9階

3.内容:静脈アクセスに関わる内容

4.ポスター発表 発表時間:5分、質疑応答2分
ポスター演題は6題を予定しており最優秀演題を決定予定

5.ポスターのサイズ 幅 80cm×高さ 150cm

6.申込方法
Wordにて総文字数400以内の抄録を事務局宛にメールcontact@j-vadc.orgでご送付ください

7.申込期日:10月26日(金)から11月30日(金)まで

詳細につきましては採択のご連絡の後、お知らせいたします。ご不明な点はcontact@j-vadc.orgmまでご連絡くださいませ

 

 

 

日本VADコンソーシアム(JVADC)第4回研究集会 参加登録について

研究集会への参加申込みは、下記お申し込みフォームからお願いいたします。参加費の入金確認をもちまして参加登録とさせていただきます。

※当日の混乱を避けるため事前登録をお願いしております。

◇申込み期日
平成30年10月1日(月)〜平成30年12月28日(金)

◇研究集会参加費(懇親会費込み)
会員:5,000円
※2018年度個人会員費の入金がお済みでない方は集会参加費と合算してお振込いただくようお願いいたします。

非会員:10,000円

銀行口座:りそな銀行 大塚出張所 普通預金 1437772
口座名義:VAD研究会
(ブイエーデイーケンキュウカイ)

(世話人・評議員の年会費は5000円、個人会員の年会費は3,000円となります→個人・賛助会員入会申込み

◇お支払い方法
・下記参加申込みフォームにて研究集会へ参加申込み後、2週間以内にお振込みをお願いいたします。
・学会参加費お振込み後のキャンセルは、返金できませんのであらかじめご了承ください。
・お振込み手数料は各自でのご負担でお願いいたします。
・お振込みの控えをもって領収書に代えさせていただきます。
・お振込名が異なりますとお振込の判別が出来ない場合がございますので必ずご本人様名義でお振込ください。

日本VADコンソーシアム第4回研究集会参加申込みフォーム

お申込み 会員区分(必須)
個人会員非会員

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご所属 (必須)

抄録の送付先をご記入

※抄録を事前に発送させていただく予定です。都合により当日のお渡しになる可能性もございます。

ご職業(必須)

その他を選択された方は、こちらにご記入ください

お振込銀行名および振込日

ご不明な点がございましたら日本VADコンソーシアム事務局宛にメール(contact@j-vadc.org)にご連絡くださいませ

 

日本VADコンソーシアム第4回研究集会を開催します!

日本VADコンソーシアム第4回研究集会

開催日時:2019年1月19日(土曜日)9:00〜20:00
18:00より一般演題(ポスター発表)、懇親会               

会 長 :鈴木 利保
東海大学医学部付属病院 副院長・中央診療部長
東海大学医学部医学科・外科学系麻酔科 教授

テーマ「VADの安全対策」

開催場所:横浜シンポジア 9階
〒231-8524 横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル
横浜シンポジア アクセス

※趣意書ご希望の企業様はお問い合わせよりご連絡下さいませ。
        参加登録の申し込みはこちら→参加登録申込み
一般演題(ポスター発表)申込み

プログラム(仮)

9:00~9:05
開会の挨拶
鈴木利保(東海大学医学部外科学系・麻酔科教授)

9:05~9:45
基調講演 CVCの安全対策の変遷
座長:鈴木利保(東海大学医学部外科学系・麻酔科教授)
三木 保(東京医科大学脳神経外科教授)

9:45~10:45
シンポジウム1     VADの安全対策
座長:横田美幸(がん研有明病院 副院長、麻酔科部長)
1.CVCの安全対策 事故調報告と穿刺器材(仮)
鈴木利保(東海大学医学部外科学系・麻酔科教授)
2.IVカテーテルの安全対策
加藤 実(診療教授・日本大学医学部附属板橋病院手術室部長)

10:45〜11:00
休憩

11:00〜11:40
セッション1      医療機器
座長:宮坂勝之(聖路加国際大学大学院周麻酔期看護学教授)
誤接続防止コネクタの国内導入について
小池和央(PMDA 安全第一部医療機器安全課)

11:40~12:20
セッション2      栄養のセッション
座長:東口髙志(藤田医科大学医学部外科・緩和医療学講座教授)
1.VADの安全対策に役立つ知識と技術
岸 宗佑(イムス札幌消化器中央総合病院消化器内科VADセンター長)
2.輸液・栄養管理における特定行為研修修了看護師の役割
~PICC挿入・高カロリー輸液内容調整・脱水の補正~
矢野 論(多摩川病院 理事長、日本慢性期医療協会副課長、看護師特定行為研修委員会委員長)

12:20〜13:00
ランチョンセミナー PICCのセッション

13:00〜13:40
スペシャルランチ

13:40〜14:20
セッション3     看護師から見た安全対策
座長:金井明子(藤沢市民病院 安全対策室 感染管理認定看護師)
1.
並木弥生(国際医療福祉大学三田病院 専従ICN)
2.
深瀬史江(NHO横浜医療センター 感染管理認定看護師)

14:20〜15:00
スイーツセミナー 看護教育におけるバスキュラーアクセス
座長:秋山智弥(公益社団法人 日本看護協会 副会長・岩手医科大学 看護学部 特任教授)
1.
筑井 菜々子(地域医療振興協会JADECOM-NDC研修センター教育・指導課課長診療看護師)
2.
新居田 敦子(医療法人社団 三喜会 横浜新緑総合病院 感染管理認定看護師)

15:00〜15:20
休憩

15:20〜16:00

セッション4     感染症のセッション
座長:森兼啓太(山形大学医学部附属病院・臨床検査部長・感染制御部長・教授)
1.(CRBSI の予防)

2.(CRBSI の治療)

16:00〜16:40
次期会長 講演
黒田達夫(慶應義塾大学医学部 小児外科教授)

16:40〜16:45
閉会の挨拶

17:00〜17:30評議委員会

※一般演題 募集予定あり